Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月に入りましたね。
今年も残りわずか。みなさんいかがお過ごしですか?


杭工事のデータ改ざんが騒がれますが、あってはならない事です。

構造もそうですが偽装なので、明らかに騙そうとしており設計者としてどこまで対応できるのかにも限度はありますが、私としては抜き打ちで立会いをするようにしてます。

業界として、杭(地盤)については責任施工であるため、全てを任せきりとする方もいらっしゃいますが、施主様の大切なお金を預かって監理してる訳ですから、自分に出来る事は最大限にしてあげたいと考えてやってます。
コストバランスも非常に重要で、お金だけで判断したくなる気持ちもよく分かりますが、「安かろう悪かろう」では本末転倒ですし、これからの大切な住まいですから、こと安全や設備に関する部分を削ってはいけないものだと私は考えております。

かと言って、決して過大設計と言う訳ではなく、最低限かける部分はかけるというスタンスでやっております。
誤解される方もいらっしゃるかもしれませんが、見た目はどうとでもなりますが、見えない所こそ重要で、その部分こそしっかり監理しなくてはならないのではないでしょうか。
以前話題に上がった、鉄筋の本数不足なども一例で、鉄筋コンクリート造の場合、私は全数全て自分の目で確認するようにしております。
コスト・工期、無理して削ればどこかに弊害が及びます。

件の偽装は工期による圧力が強かったようですが、各々責任がありますから、負けずと反論していってほしいものですね。

私も様々なお客様にお会いする機会があり、中には重要視する部分が異なる方もいらっします。
各々思いがあっての事ですから否定するつもりもありませんが、例えば100円でマンションを建てる事にこだわるような方は他でどうぞとお断りする場合もあります。
私も責任がありますので、無理な要求は聞けませんし、「安くて良いもの+αを」と考えてますので、そういう部分に共感していただける方には全力で設計監理させていただいてます。
おかげさまで常に貧乏暇なし状態ですが(苦笑)


写真は、以前担当した共同住宅の地盤調査の時の写真です。
機械駐車場付の鉄筋コンクリート造のマンションです。

こちらの話はまた次回に!


建築の事なら、株式会社A&N建築設計事務所へ
URL:http://www.geocities.jp/aandnoffice/
TEL:03-3375-5421
e-mail:architect@arimurak.com



スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。